補償の中味が違う人身傷害と搭乗者傷害

人身傷害と搭乗者傷害はともに、運転者を含め契約車両搭乗中の事故による、ケガや死亡した場合に支払われる保険です。しかし補償内容には違いがあり加入する際には良く理解しておく必要があります。

人身傷害と搭乗者傷害はどちらの補償を優先しておくべきなのかを考えてみます。またそれぞれの項目で支払われる内容は、おおむね次のようになっていますが、保険会社により規定の差があります。

スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン

人身傷害の補償

人身傷害で補償されるのはケガ、後遺障害、死亡の場合に保険金が支払われます。

ケガの場合に補償される損害

治療費診察料、投薬料、検査料、入院費、手術費等の全ての実費を補償。診断書などの費用も補償される。
休業損害治療や入院で働けなっかた収入を補償。専業主婦でも補償される。
精神的損害ケガの痛みや苦しみを負い入院や通院する慰謝料を補償(入院1日8,400円、通院1日4,200円とされる場合が多い)。
入院諸雑費日用雑貨品などの購入費用として、1日1,100円~1,500円程度を領収書不要で補償。
通院交通費バスや電車の運賃全額、自家用車のガソリン代、有料道路代、駐車場代を補償。ガソリン代は1km15円する場合が多い。タクシーの利用は相応の理由がないと認められない。

後遺障害となった場合の補償

逸失利益後遺障害となり失った将来の収入(基礎収入×後遺症による労働能力喪失率×ライプニッツ係数で算出)を補償。
精神的損害ケガの部位や程度、治療期間、入院期間、通院日数等をもとに算出する金額を補償。

死亡した場合の補償

葬祭費60万円を補償。それを超える費用は実費で限度額120万円まで補償。
逸失利益(基礎収入ー生活費)×ライプニッツ係数で算出された金額を補償。
精神的損害一家支柱の人2,000万円、65歳以上の人1,600万円、それ以外の人1,500万円を補償。

保険金が支払われるタイミング

ケガの症状が固定し損害内容が確定すると、示談交渉や過失割合に関係なく支払われる。

補償される範囲

契約車両に搭乗中の運転者を含む全員、他の車や交通機関に乗車中の事故(契約内容と保険会社による)、歩行中の対車両との事故(契約内容と保険会社による)を補償。

搭乗者傷害の補償

搭乗者傷害はケガ、後遺障害、死亡の場合に補償が受けられます。

ケガの補償は「日数払い」と「部位・症状別払い」に分けられ、「日数払い」は決められた1日の補償金額に、入通院日数を乗じた保険金が180日を限度に支払われます。

「部位・症状別払い」は予め決められた規定にもとづき、部位とその症状により一時金が支払われます。

また補償に厚みをもたせるために、医療保険金が2倍となる倍額払い特約を付帯できる保険会社もあります。

ケガの補償

医療保険部位・症状別払い入通院費を部位や症状別に決められた金額を補償。
日数払い1日の補償額に通院した日数を乗じた金額を補償。

後遺障害となった場合の補償

後遺障害保険金事故から180以内に該当する障害と認められると、等級1(100%)~14(4%)の定額の保険金を補償。(年齢、職業、収入などは考慮されない)
重度後遺障害特別保険金後遺障害が重度と認定されると保険金額の10%を上乗せして補償。
重度後遺障害介護費用保険金重度の後遺障害により介護が必要と認定されると保険金額の50%を上乗せして補償。

死亡した場合の補償

死亡保険金事故から180日以内に死亡した場合は保険金の全額を補償。
座席ベルト装着者特別保険金シートベルトを装着していると死亡保険金の30%を上乗せして補償。

保険金が支払われるタイミング

「日数払い」はケガの症状が固定後、決められた日数にもとづいて補償。

「部位・症状別払い」は通院、入院の合計日数が5日以上経過すと、規定の補償額が支払われます。4日以内の通院、入院は1万円とする保険会社が多くなっています。

補償される範囲

契約車両搭乗中の運転者を含む全員を補償。

補償の手厚い「人身傷害」が必要

 人身傷害搭乗者傷害
ケガの補償 治療費(実費)
休業損害(算出)
精神的損害(算出)
入院諸雑費(定額)
通院交通費(実費)
医療保険金(定額2区分)
後遺障害の補償 逸失利益(算出)
精神的障害(算出)
後遺障害保険金(定額)
重度後遺障害特別保険金(上乗せ)
重度後遺障害介護保険金(上乗せ)
死亡の補償 葬祭費(定額+実費)
遺失利益(算出)
精神的傷害(定額)
死亡保険金(定額)
座席ベルト装着者特別保険金(上乗せ)

搭乗者傷害は事前に決められた保険金が支払われる仕組みで、症状や実情に合わせて支払われる人身傷害と比べると、補償額が不足する可能性が高くなります。

仮にケガにより7日間の入院で100万円の治療費が必要となった場合でも、人身傷害では全額が補償されますが、搭乗者傷害の「部位・症状別払い」を契約し、その症状の規定が20万円とされていると、それ以上の治療費は支払われません。

搭乗者傷害が有利なのは死亡した場合に、保険金が限度額まで全額支払われることです。人身傷害では「逸失利益」が算出されるので、高齢者の場合は高い補償に設定していても、限度額まで支払いが受けられない可能性があります。

また搭乗者傷害は人身傷害や対人賠償で、損害が賠償されても重複し、補償を受けることができます。

しかし搭乗者傷害だけでは補償が不足する可能性が高く、人身傷害保険に上乗せし補償を受けとる保険として考えるのが賢明です。

近年は搭乗者傷害の補償を廃止し、より補償の厚い人身傷害のみとする保険会社や、搭乗者傷害か人身傷害をどちらか1つだけ選ぶ保険会社もあります。

補償の厚い人身傷害ですが難点は、保険料が搭乗者傷害よりもやや高くなってしまいます。どうしても搭乗者傷害とする場合は、倍額払い特約を付帯させ少しでも補償を厚くしておく必要があります。

自動車保険は保険会社により、違ったプランが用意され、保険料も同じではありません。 しかし、保険会社を一つ一つを調べるのは大変です。 このような場合は、数社の見積もりを同時にできる一括見積サイトが便利です。 一括見積で保険を比較し、自分に合った自動車保険を見つけましょう。
スポンサーリンク
インズウェブ自動車保険一括見積もり
スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン
保険ナビリンク広告パソコン

フォローする