自家用車での通勤中の事故と会社の責任

会社の従業員が自家用車で通勤途中に起こした交通事故は、雇用主である会社に賠償責任が発生するのでしょうか。

このような事故は業務外の時間でまた社用車でもないため、通常では会社側に賠償責任はありません。しかし自家用車でも会社との業務に密接な関係がある場合は、個人の車でも会社側に損害賠償責任が発生します。

従業員の自家用車が起こした事故で、会社側が損害賠償責任を負うのは、次のような場合になります。

スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン

自家用車の事故で会社が賠償責任を問われる場合

従業員の自家用車が起こした交通事故で、会社側の責任が問われるのは次のように、会社の業務と従業員の自家用車の間に、密接な関係が認められるときです。このときは会社側の賠償責任が問われます。

  • 会社の業務に自家用車の使用を認めていた
  • 業務費用として自家用車のガソリン代を会社が負担していた
  • 業務費用として自家用車の経費を会社が負担していた

また次の場合も会社側の賠償責任を問われる可能性が高くなります。

  • 会社が自家用車での通勤を許可していた
  • 会社が自家用車で通勤することを容認していた
  • 会社が自家用車で通勤するための駐車場を提供していた
  • 会社が自家用車で通勤することを前提として通勤手当を支給していた

会社の責任を認めた事例

1.従業員は通勤のためだけにマイカーを使用していましたが、会社側はマイカーで通勤することを前提に通勤手当を支給していました。これにより積極的にマイカー通勤を認めていたとされ、その通勤途中で起きた事故では、会社側は常に安全運転を行うよう指導、教育する監督義務があったとしています。

2.従業員はマイカーを通勤のみに使用していましたが、会社側はこれを黙認し駐車場の使用も認めていました。このような場合において通勤の途中で起こした従業員の事故は、会社側に監視、監督を行う必要があったとしています。

3.従業員はマイカーを主に通勤で使用していましたが、会社の荷物を運ぶためにも利用することがありました。このことから会社は、従業員のマイカーの維持費や修理費となる運行に関わる費用を負担していました。このような場合に通勤途中に起きた事故では、会社側は従業員のマイカーの運行を支配し、そのことにより利益も享受していたとしています。

4.従業員はマイカーを主に通勤で使用していましたが、会社の指示により業務場から業務場への移動や、従業員の運搬にマイカーを使用していました。会社はこのことを了承し、ガソリン代などの手当てを支給していました。このような場合の通勤途中に起きた事故では、会社側は従業員のマイカーの運行を支配し、それにより利益も享受していたとしています。

自動車保険は保険会社により、違ったプランが用意され、保険料も同じではありません。 しかし、保険会社を一つ一つを調べるのは大変です。 このような場合は、数社の見積もりを同時にできる一括見積サイトが便利です。 一括見積で保険を比較し、自分に合った自動車保険を見つけましょう。
スポンサーリンク
インズウェブ自動車保険一括見積もり
スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン
保険ナビリンク広告パソコン

フォローする