自賠責保険における重大な過失減額とは

自賠責保険は交通事故での損害を広く救済することと、最低限の補償を行うことが目的の保険です。しかし損害を広く救済することが目的の自賠責保険でも、救済が行われな場合があります。

このようなときは自己負担をするか、任意保険を使い損害の補償を求めるかになるのですが、自賠責保険で損害賠償金が支払われる場合と支払われない場合は、どのように規定されているのでしょうか。

スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン

自賠責保険では重過失減額制度で被害者を救済

自賠責保険では被害者救済を目的としているため、任意保険で行われているような厳格に過失割合を決めて、賠償金額を算出するのでは無く、重過失減額制度により支払いをしています。

自賠責保険における重過失減額制度とは、被害者に7割以上の過失責任が認められる場合に、支払われる賠償額から一定の割合で減額を行うとされています。

つまり70%未満の過失では、責任を問うことなく規定どおりの補償額が支払われ、70%を超える重大な過失があった場合のみに減額を行う制度です。

一定の割合の減額率は「死亡・後遺障害」と「傷害」に区分されています。

被害者の過失割合死亡・後遺障害とされる場合傷害とされる場合
70%未満減額なし減額なし
70%以上80%未満20%減額20%減額
80%以上90%未満30%減額
90%以上100%未満50%減額

参照:自動車損害賠償責任保険の支払基準(国土交通省)

傷害が適用される場合のみですが、被害額が20万円未満の賠償額は20万円とされます。また重過失により20万円以下となっても、20万円の賠償額は支払われます。

しかし過失割合が100%の場合は死傷しても、自賠責保険から一切の支払いはありません。

過失割合が100%と判断される事故は、停車中の車に追突した事故、赤信号を無視し起こした事故、速度超過でセンターラインを超えて起こした事故などが、代表的な例となっています。

100%の過失となる事故でも、任意(自動車)保険の人身傷害や搭乗者傷害に加入していると、過失割合に関係なく保険金が支払われるので加入しておきたい特約です。

自賠責保険でどこまで補償されるか
強制で加入の必要がある自賠責保険は、全ての車所有者に義務付けされていますが、その補償内容はどのように規定されているのでしょうか。自賠責保険で賠償されるのは対人損害に限定されていて、物損事故の賠償は行われないことになっています。また自賠法では対人賠償の限度額は次のように定められています。
自動車保険の基本となる7つの補償
車を運行する場合はもしもの事故に備えて、自賠責保険をカバーする十分な補償を備えた任意保険は必ず準備しておきたい保険です。一般的に任意保険は自動車保険とも呼ばれますが、その補償項目は大別すると7つの項目に分けられます。任意保険の7つの項目の補償内容を確認してみます。
補償の中味が違う人身傷害と搭乗者傷害
人身傷害と搭乗者傷害はともに運転者を含めて、契約車両搭乗中に事故によりケガや死亡した場合に支払われる保険ですが、その補償には違いがあり加入する際には良く理解しておく必要があります。それぞれの項目で支払われる内容は、おおむね次のようになっていますが、保険会社により規定の差があります。

自動車保険は保険会社により、違ったプランが用意され、保険料も同じではありません。 しかし、保険会社を一つ一つを調べるのは大変です。 このような場合は、数社の見積もりを同時にできる一括見積サイトが便利です。 一括見積で保険を比較し、自分に合った自動車保険を見つけましょう。
スポンサーリンク
インズウェブ自動車保険一括見積もり
スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン
保険ナビリンク広告パソコン

フォローする

スポンサーリンク