スポンサーリンク
保険ナビレスポンシブル728×90

こんなに多い交通事故での損害賠償の種類

交通事故での損害賠償では財産的損害と精神的損害に分けられ、さらに財産的損害は積極損害と消極損害に分けられます。積極損害は事故により必要となった支出で、消極損害は事故がなければ得られたはずの収入です。精神的損害は事故により精神的な苦痛を与えことによる慰謝料です。

記事を読む

長引く治療には仮渡金、内払い金を請求できます

交通事故により長引く治療で治療費や生活費の負担が大きくなる場合は、自賠責保険の仮渡金制度を使い保険金の請求を行うことができます。この制度は被害者の負担を軽減させるため、被害者が直接相手方の自賠責保険に、請求できるようにしています。また、内払い金制度は自賠責保険の制度から、平成20年に廃止されています。

記事を読む

益々重くなる交通事故で問われる責任

交通事故を起こしてしまった場合には、「民事上の責任」「行政上の責任」「刑事上の責任」の3つの責任が問われます。近年は車による凶悪な事故の増加で、それぞれの責任は重くなる傾向にあり、賠償額も高額な判決が下されることが多くなっています。事故が起こった場合に背負う3つの責任を確認してみます。

記事を読む

補償の中味が違う人身傷害と搭乗者傷害

人身傷害と搭乗者傷害はともに運転者を含めて、契約車両搭乗中に事故によりケガや死亡した場合に支払われる保険ですが、その補償には違いがあり加入する際には良く理解しておく必要があります。それぞれの項目で支払われる内容は、おおむね次のようになっていますが、保険会社により規定の差があります。

記事を読む

損保各社のスマートフォンアプリを比較してみる

損保会社は事故が発生した場合や、ロードサービス要請時の連絡を簡略化するため、スマートフォンアプリによる通知サービスを提供しています。スマートフォンアプリに契約者情報を入力しておくと、その情報が保険会社へと送信され、即座に対応の手順へと進むことができます。損保各社のスマートフォンアプリの機能を比較してみます。

記事を読む

自動車保険の代理店型と通販型はどう違うのか

自動車保険には代理店を通じて対面で契約を行う「代理店型」と、インターネットや電話を通じて契約を行う通販(ダイレクト)型があります。1986年に日米で保険の自由化が合意され、これにより一律で横並びだった保険料も、保険会社が独自に設定することが可能となり、同じ補償でも違う保険料となる価格競争が始まりました。

記事を読む

テレマティクス(ドライブレコーダー)特約を比較してみる

事故発生時の迅速な対応と、その原因特定などを目的として、損保会社ではテレマティクス端末を利用した特約を発売しています。テレマティクス端末は事故時の通報や記録だけでなく、ドライブ中の安全運転支援を行う機能などがあります。テレマティクス端末を利用して、損保各社が提供するサービスの違いを比較してみます。

記事を読む

損保会社の事故対応満足度調査を調べてみる

損保各社は自社で行うアンケートにより、事故対応満足度を公表していますが、外部機関による事故対応の満足度と比較した場合は、どのように違うのでしょうか。信頼度の高い世界的な調査会社として高名な「JDパワー」社と、日本の調査会社「オリコン」でのランキングを照らし合わせてみます。

記事を読む

「セコム損保」セコム安心マイカー保険

「セコム損害保険」は1950年に「東洋火災海上保険」として設立され、1998年に「セコム」が資本参加することでセコムグループ入りし、社名を「セコム東洋損害保険」へ、2000年には現在の「セコム損害保険」へと変更しました。「セコム損害保険」では3つの安心を特長として保険を販売しています。

記事を読む

「あいおいニッセイ同和損保」タフ・クルマの保険

「あいおいニッセイ同和損害保険株式会社」が販売する自動車保険は「タフ・クルマの保険」です。「あいおいニッセイ同和損保」の「タフ・クルマの保険」は「充実した補償とサービス」「事故現場で必要となる費用に備える」「安心の事故対応」の3つで保険をアピールしています。

記事を読む

スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン
保険ナビリンク広告パソコン