スポンサーリンク
保険ナビレスポンシブル728×90

こんな手順を辿る交通事故発生から解決までの流れ

交通事故はその内容により問われる責任が変わり、民事上の責任、行政上の責任、刑事上の責任を負います。解決されるまではその責任を問われることになり、その流れはおおむね次のようになります。しかし、実際に起こった事故では、加害者、被害者の認定が困難な場合も多く、その場合は複雑な経緯を辿り、解決が図られることになります。

記事を読む

乗ってる車の車両料率クラスで保険料が変わる

自動車保険の保険料は、補償の条件や等級などにより決まりますが、同じ補償と等級でも契約する車両により保険料が変わります。これは各車両ごとの事故発生率リスクの高さが集計がされて、保険料に反映されているためです。そのため事故率の高い車両に乗っていると、保険料が高くなってしまいます。

記事を読む

自動車保険は解約しても中断手続ができる

車の運転をしばらく行わないような場合や、車を売却したまたは廃車にしたなどのときは、自動車保険は中断手続きができます。自動保険を解約してしまうと、割引等級を引き継げませんが、中断手続きを行うと等級はそのままで、保険を維持することができます。新たに車を購入する場合に備えて、保険は中断手続きを利用することが大切です。

記事を読む

ノンフリート等級による自動車保険の割引率

自動車保険ではノンフリート契約とフリート契約が存在します。保険に加入する車両9台以下の契約者はノンフリート契約になり、10台以上の場合はフリート契約が結ばれます。フリート契約はノンフリート契約よりも保険料が割安になり、契約車両を追加しても保険料の割引が、他の車両と変わらないなどのメリットがあります。

記事を読む

自動車保険と自動車共済は何がどう違う

自動車保険と自動車共済は、ともに事故による損害を補償するものですが、この二つの損害補償にはそれぞれの特徴があります。補償の内容自体はどちらも大きな差はないのですが、その目的となる生い立ちや対象とする人、事業監督を行う省庁が違います。自動車保険と自動車共済の違いは次のようになっています。

記事を読む

交通事故の過失割合はどのように決まるか

交通事故での過失割合は、起こった事故に対する双方運転者の、かかわった割合を示すものです。多くの事故においては双方に過失が認められ、その過失の割合が大きな問題になります。過失割合が問題となるのは、事故の賠償額に影響があり、負担する金額が過失の割合により変わるからです。

記事を読む

適用される基準で慰謝料の賠償額が変わる

交通事故により支払われる慰謝料には、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3つがあります。慰謝料とされるのは、交通事故での示談による損害賠償全般を指すのではなく、賠償金の一部となる費用で賠償金には「治療費+入院雑費+休業損害+入通院慰謝料+後遺障害慰謝料+死亡慰謝料」などが含まれます。

記事を読む

将来の損害となる逸失利益の算出方法

逸失利益は交通事故による影響で、将来の収入が減少するまたは、得られなくなるような損害をいいます。損害には大きく分けると財産的損害と、精神的損害に分けられますが、財産的損害はさらに積極損害と消極損害にわかれます。精神的損害は一般的には慰謝料とされているもので、金銭により精神損害を償うものです。

記事を読む

休業損害の賠償額を決める3つの基準

交通事故によるケガの影響でやむを得ず休業となった場合は、休業損害の賠償が認められます。この休業損害の計算を行う基準は、自賠責基準、任意保険基準、裁判(弁護士)基準の3つがあります。この3つの基準の中で最も大きい賠償金額は、裁判基準が適用された場合で、次いで任意保険基準、もっとも低いのは自賠責基準になります。

記事を読む

職業の違いによる休業損害の算出方法

交通事故でやむなく休業となり、本来得られるはずの収入が減少した場合は休業損害が支払われます。休業損害の算出方法はその職業により異なり、給与所得者(サラリーマン・OL)、会社役員、個人事業主、専業主婦それぞれの職業基準に基づき計算されます。この職業の違いによる休業損害算出方法の詳細は次のようになっています。 なお損害補償が行われる期間はケガが治癒するまでまたは、症状が固定と判断されるまでとされています。

記事を読む

スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン
保険ナビリンク広告パソコン