スポンサーリンク
保険ナビレスポンシブル728×90

好意同乗者は保険で補償されるか

無償で乗車させる友人や知人を好意同乗者と言います。好意同乗者は運送事業者が行う車両に乗っていたのではないため、交通事故により被害者となった場合に、自動車保険で賠償されるのでしょうか。また、友人や知人の車に乗車させてもらい、自分が好意同乗者となる場合も考えられ、このときも賠償が行われるのか気になるところです。

記事を読む

交通事故の損害賠償請求は誰が行うのか

交通事故で被害者となった場合は、加害者に対して損害賠償請求を行うことができます。しかし、被害者が死亡してしまった場合や、重度の後遺障害に陥った場合の損害賠償請求は誰が行うのでしょうか。また、被害者が未成年や精神障害がある場合もかん考えられ、このような場合も本人が、損害賠償請求をするのは困難と考えられます。

記事を読む

使用者と運行供用者が負う賠償責任

車を運転中に事故を起こし加害者となった場合は、運転者が損害賠償の責任を負うことが、民法709条によって定められています。しかし状況により運転者を含めて複数の人(使用者、運転供用者)が、事故の賠償責任を負う場合もあり、それは民法715条と、自動車損害賠償保障法3条により定められています。

記事を読む

交通事故での具体的な損害賠償額

交通事故における具体的な損害賠償額は、法律では明確に規定されていないため、賠償額は被害者と加害者との示談よる話し合いや、裁判所の判断によってその額が決まります。しかし、一定の基準が存在し、それにより賠償額を算出しています。この基準よる賠償額がどの程度支払われるのか、具体的な例で金額を算出してみます。

記事を読む

【被害者でも責任がある?】事故ケースで変わる過失割合

交通事故での過失割合は一定の基準が存在し、中間的な過失割合は認められませんが、修正要素が加わる場合はその程度により過失割合が加減されます。弱者保護の観点から最も弱い立場とされる歩行者は、過失割合が少なくなる傾向にあり、慎重な運行が求められる車両は、責任が問われ過失割合が大きくなります。

記事を読む

交通事故の基準となる過失割合の事例

交通事故は加害者側が一方的に悪い過失10割以外の事故では、被害者側にも一定の過失が認められる過失割合が存在します。この過失割合は一定の基準が存在し中間的な割合は認められません。実際の事故では定められた割合が、必ず適用されるわけではありませんが、事故による過失割合の基準は次のようになっています。

記事を読む

日弁連交通事故相談センターでの相談方法

公益財団法人日弁連交通事故相談センターは、昭和42年に日本弁護士連合会により設立された歴史のあるADR機関です。交通事故での紛争となる多くを取り扱い、賠償金額、過失割合、示談についてなど、事故直後から弁護士に相談できるのが特徴になっています。相談する費用とその後の示談斡旋、審査に係る費用はいずれも無料です。

記事を読む

交通事故紛争処理センターでの相談方法

交通事故紛争処理センターは、昭和49年に交通事故裁定員会として発足し、平成24年には財団法人から公益財団法人へと移行して、公益性と非営利性の立場を強めています。交通事故問題を取り扱うADRとしての歴史は古く、取り扱う紛争の件数も最大規模で、平成28年度の相談件数は19,980件に上ります。

記事を読む

自動車事故を取り扱う2大ADR機関「紛セと弁セ」

交通事故での紛争を解決する方法として、裁判所の調停と同じように中立の第三者が介入し調整を行う、ADR(裁判外紛争解決)機関があります。ADR機関は民間で運営されており、交通事故の紛争処理では、交通事故紛争処理センターと日弁連交通事故相談センターが、2大ADR機関として広く認知されています。

記事を読む

交通事故紛争を解決する3つの方法

交通事故の紛争問題を解決する方法として、示談、調停またはADR、裁判の3つの方法があります。多くの紛争は示談で解決が図られていますが、示談で解決できない場合は調停またはADR、裁判と進むことになります。この示談、調停・ADR、裁判での解決には、それぞれメリットとデメリットが存在します。

記事を読む

スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン
保険ナビリンク広告パソコン