好意同乗者は保険で補償されるか

営利の目的で運行されるタクシーや、公共交通機関に搭乗中の交通事故では、事故の原因がどのような過失で起こったかにより、運営する会社か事故の相手またはその両方に、損害賠償請求を行うことができます。

しかし運賃を払う必要がない、家族や友人などの車に同乗中の事故で死傷したときの補償は、どのように扱われるのでしょうか。

自賠責保険と任意保険(自動車保険)で規定される、家族や知人の車に搭乗した場合や、搭乗させた場合の、それぞれの補償内容を確認します。

スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン

好意同乗者とされる定義

知り合いや友人の車に無償で同乗することを、無償同乗者または好意同乗者と定義しています。

具体的には次にような場合になります。

  • 友人に車でデパートまで送ってもらった
  • 家族に車で駅まで送ってもらった     など

好意同乗者でも補償は自賠責保険と加入している任意(自動車)保険により行われます。しかし事故が起こった要因で、賠償額が減額される場合があります。

また被害者保護を目的としている自賠責保険と、任意(自動車)保険では、賠償の対象となる範囲が違います。

自賠責保険での好意同乗者への賠償

自賠責保険では人的損害が賠償されますが、その対象は他人である必要があります。

自賠責保険の他人とされるのは、自賠法3条の「自己のために自動車を運行の用に供する者」にあたる運転供用者と運転者以外は他人と規定しています。

つまり配偶者(好意同乗者)であっても、運転供用者か運転者でなければ、自賠責保険から補償が受けられます。しかし好意同乗者が運転供用者かそうではないのかは、事故の事案により判断が分かれます。

他人と判断する要素

  • 車両の運行に対しての関与の割合が、賠償される者より賠償請求を行う者のほうが大きいと判断されるとき
  • 賠償請求を行う者が賠償される者の、運行支配を受けていないまたは、指示をしていないとき

他人と判断されない要素

  • 車両運行に対しての関与の割合が、賠償される者が賠償を請求する者と、同じ以上のとき

任意(自動車)保険での補償

任意(自動車)保険では、自賠責保険での定義とは違い、契約した内容と約款により補償される範囲が変わります。

対人賠償保険の補償では、夫の車に妻が同乗し自損事故を起こしても、賠償は行われませんが、他人が同乗していた場合は補償が受けられます。

また車の搭乗中だけでなく、夫の運転する車が妻をひいたとしても賠償は行われません。

任意(自動車)保険での対人賠償は、他人の補償を行うことになり、家族は補償の対象とはされていません。

自動車保険の基本となる7つの補償
車を運行する場合はもしもの事故に備えて、自賠責保険をカバーする十分な補償を備えた任意保険は必ず準備しておきたい保険です。一般的に任意保険は自動車保険とも呼ばれますが、その補償項目は大別すると7つの項目に分けられます。任意保険の7つの項目の補償内容を確認してみます。
自動車保険での家族の範囲
自動車保険では家族の言葉が良く使われ、家族であったために補償されたり、家族であるが故に補償外におかれたりと、重要な部分の区切りで家族は良く使われています。 自動車保険での家族と決められている範囲は、通常私たちが認識しているものとは少し違う部分があるので、良く確認しておきましょう。

このような場合に補償を受けられるのが、人身傷害保険や搭乗者傷害保険で、家族が運転した車に同乗していても補償が行われます。また人身傷害保険では車に搭乗中以外の、歩行中の自動車事故の補償を行う商品も多くなっています。

補償の中味が違う人身傷害と搭乗者傷害
人身傷害と搭乗者傷害はともに運転者を含めて、契約車両搭乗中に事故によりケガや死亡した場合に支払われる保険ですが、その補償には違いがあり加入する際には良く理解しておく必要があります。それぞれの項目で支払われる内容は、おおむね次のようになっていますが、保険会社により規定の差があります。

任意(自動車)保険は自賠責保険に比べると、他人と規定し補償を行う範囲を、契約約款により厳密に規定しています。自賠責保険で他人とされても、任意(自動車)保険での他人には該当しない場合が多く存在します。

好意同乗者の補償が減額される要素

好意同乗者でも保険の補償は行われますが、事故の原因に一定の関わりが認められる場合は、賠償の減額が行われます。

  • 無免許であることを知りながら運転させた場合
  • スピード超過を促すことや無理な追い越しを指示した場合
  • 飲酒であることを承知で運転させた場合
  • 長時間運転し疲労が蓄積していいることを知りながら運転させた場合
  • 運転に支障が出る薬を飲んでいることを知りながら運転させた場合
  • 運転者にしきりに話しかけ注意を散漫にさせ運転させた場合

この他に目的地まで、運転者と同乗者が交代で運転していた場合などは、共同運行者として扱われる可能性が高く、賠償は減額だけに留まらず全く認められないことも考えられます。

自動車保険は保険会社により、違ったプランが用意され、保険料も同じではありません。 しかし、保険会社を一つ一つを調べるのは大変です。 このような場合は、数社の見積もりを同時にできる一括見積サイトが便利です。 一括見積で保険を比較し、自分に合った自動車保険を見つけましょう。
スポンサーリンク
インズウェブ自動車保険一括見積もり
スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン
保険ナビリンク広告パソコン

フォローする

スポンサーリンク