自動車保険での家族の範囲

自動車(任意)保険では家族の規定が多くあり、家族であったために補償されたり、家族であるが故に補償外におかれたりと、重要な部分の区切りで家族は良く使われています。

自動車保険での家族と決められている範囲は、通常私たちが認識しているものとは少し違う部分があるので、良く確認しておきましょう。

スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン

自動車保険で家族とされる範囲

記名被保険者

記名被保険者は自動車保険を契約した車両を運転する人が記名保険者です。

記名被保険者は保険契約者とは別で、契約する車両を常に運転する人です。自分の車を自分が契約し運転するのなら、記名被保険者と保険契約者は同じになります。

なお、記名被保険者の年齢が、保険料算出に影響するため告知義務があり、記名被保険者は保険会社に正確に伝える必要があります。違う名前で登録されていると、保険金が支払われない可能性があるので注意が必要です。

記名被保険者の配偶者

記名被保険者と法律で婚姻関係にある相手方です。婚姻の届出は出していないが、事実上婚姻関係と認められる状態の人も含みます。

記名被保険者またはその配偶者の同居の親族

自動車保険で同居とされるのは、同じ家で生活していることが条件とされています。同じ家で生活していれば、生計が別々で扶養関係が無くても問題がありません。また住民票所在地の場所も関係がなく、実際の生活の場所が何処で行われているかで判断されます。

親族とされるのは、配偶者6親等以内の血族、3親等以内の姻族とされています。血族とは本人を基準にして数えて行き、姻族とは配偶者を基準にして数えます。

  • 1親等 父母・子
  • 2親等 孫・兄弟姉妹・祖父母
  • 3親等 曾祖父母・父母の兄弟姉妹(おじ・おば)・曾孫・兄弟姉妹の子(甥姪)
  • 4親等 高祖父母・玄孫・祖父母の兄弟姉妹・いとこ・兄弟姉妹の孫
  • 5親等 高祖父母の父母・来孫・高祖父母の兄弟姉妹・祖父母の甥姪・いとこの子・兄弟姉妹の曾孫
  • 6親等 高祖父母の祖父母・昆孫・高祖父母の父母の兄弟姉妹・高祖父母の兄弟姉妹の子・祖父母の甥姪の子…など

同居と別居の判断基準

同居と別居が判断に迷う状態もあるので、区別される例をいくつか紹介します。

同居として扱われ事例

  • 出稼ぎや出張で一時的に別居して暮らしている
  • 記名被保険者が単身赴任していて子供は配偶者と一緒に暮らしている
  • 2世帯住宅で生活用設備を共用し内部で人の移動が出来る建物
  • 2世帯住宅で入口が別々で内部で人の移動が出来ないが生活用設備は共有している建物

別居として扱われ事例

  • 同じ敷地には住んではいるが建屋が別々で暮らしている
  • 単身赴任や学校に通うために一人暮らしをしている
  • 2世帯住宅で入口が別々で内部で人の移動が出来ないな建物
  • 同じマンションなどに住んでいるが別々の部屋で暮らしている

記名被保険者と配偶者の別居の未婚の子

記名被保険者と配偶者の子供は、未婚であれば別居していても家族として扱われます。しかし結婚をしていると家族とは認められません。

未婚の子で注意することは、離婚した後は未婚として扱われなくなることです。

自動車保険では婚姻歴で未婚かそうではないのかを判断をするので、婚姻歴があると未婚の扱いではなくなります。離婚後1人で暮らしていても未婚とはされません。

また別居で未婚の子供は、契約車両の指定運転年齢条件から外れていたとしても、家族の範囲とされ補償されます。子供が帰省し親の車を運転するからと、その度に年齢条件の変更手続きをする必要はありません。

自動車保険は保険会社により、違ったプランが用意され、保険料も同じではありません。 しかし、保険会社を一つ一つを調べるのは大変です。 このような場合は、数社の見積もりを同時にできる一括見積サイトが便利です。 一括見積で保険を比較し、自分に合った自動車保険を見つけましょう。
スポンサーリンク
インズウェブ自動車保険一括見積もり
スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン
保険ナビリンク広告パソコン

フォローする

スポンサーリンク