適用される基準で慰謝料の賠償額が変わる

交通事故により支払われる慰謝料には、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3つがあります。

慰謝料とされるのは、交通事故での損害賠償全般を指すのではなく、賠償金の一部となる費用です。賠償金には「治療費+入院雑費+休業損害+入通院慰謝料+後遺障害慰謝料+死亡慰謝料」などが含まれます。

この賠償金の一部となる慰謝料計ですが、算出される基準が3つ存在し、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準があり、それぞれの基準では違う賠償額となっています。

この中で最も高い賠償額となるのは弁護士基準、次いで任意保険基準で、最も低いのは自賠責基準です。

それぞれの基準で違う入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準は次のようになっています。

スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン

入通院慰謝料

入通院慰謝料は事故によるケガで入院や通院が必要となり、その肉体的、精神的苦痛に対する損害を賠償するものです。

この賠償される入通院慰謝料の金額は、入通院の日数やケガの症状と程度で決まります。

自賠責基準

自賠責保険での入通院慰謝料は1日4,200円とされており、その計算には二つの方法があります。

  • 4,200円×治療期間
  • 4,200円×実通院日数×2

この二つで計算され金額の少ない方が適用されます。(実通院日数には入院日数も含まれます)

賠償の対象となる期間は事故から完治した日、または症状固定の日までとなっています。

任意保険基準

任意保険基準での入通院慰謝料は、保険会社により独自の基準が用いられているために、統一され決まったものはありませんが、参考とされている相場表は次のようになっています。

 入院1カ月2カ月3カ月4カ月5カ月6カ月7カ月8カ月9カ月10カ月
通院 25.250.475.695.8113.4128.6141.2152.4162.6170.2
1カ月12.637.863.085.6104.7120.9134.9147.4157.6167.6173.9
2カ月25.250.473.094.6112.2127.2141.2152.5162.6171.4176.4
3カ月37.860.482.0102.0118.5133.5146.3157.6166.4173.9178.9
4カ月47.869.489.4108.4124.8138.6151.3161.3168.9176.4181.4
5カ月56.876.895.8114.6129.9143.6155.1163.8171.4178.9183.9
6カ月64.283.2102.0119.8134.9147.4157.6166.3173.9181.4185.4
7カ月70.689.4107.2124.3136.7149.9160.1168.8176.4183.9188.9
8カ月76.894.6112.2128.6141.2152.4162.6171.3178.9186.4191.4
9カ月82.099.6116.0131.1143.7154.9165.1173.8181.4188.9193.9
10カ月87.0103.4118.5133.6146.2157.4167.6176.3183.9191.4196.4

(単位:万円)

弁護士基準

弁護士基準での入通院慰謝料の計算は、日弁連交通事故相談センターの損害賠償額算定基準にある算定表を基準にしています。

通常の入通院慰謝料

 入院1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月13月14月15月
通院 53101145184217244266284297306314321328334340
1月2877122162199228252274191303311318325332336342
2月5298139177210236260281297308315322329334338344
3月73115154188218244267287302312319326331336340346
4月90130165196226251273292306316323328333338342348
5月105141173204233257278296310320325330335340344350
6月116149181211239262282300314322327332337342346 
7月124157188217244266286304316324329334339344  
8月139170199226252252274292308320328333338   
9月139170199226252274292308320328333338    
10月145175203230256276294310322330335     
11月150179207234258278296312324332      
12月154183211236260280298314326       
13月158187213232262282300316        
14月162189215240264284302         
15月164191217242266288          

(単位:万円)

むち打ち症で他覚症状がない場合の入通院慰謝料

 入院1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月13月14月15月
通院 356692116135152165176186195204211218223228
1月195283106128145160171182190199206212219224229
2月366997118138153166177186194201207213220225230
3月5383109128146159172181190196202208214221226231
4月6795119136152165176185192197203209215222227232
5月79105127142158169180187193198204210216223228233
6月89113133148162173182188194199205211217224229 
7月97119139152166175183189195200206212218225  
8月103125143156168176184190196201207213219   
9月109129147158169177185191197202208214    
10月113133149159170178186192198203209     
11月117135150160171179187193199204      
12月119136151161172180188194200       
13月120137152162173181189195        
14月121138153163174182190         
15月122139154164175183          

(単位:万円)

弁護士基準は自賠責基準の3倍を超える損害賠償額

交通事故のケガの治療で3カ月入院し治療が完了したとして、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準での賠償額を比較してみます。

自賠責基準・・・・378,000円(4,200×90日)

任意保険基準・・・756,000円

弁護士基準・・・・1450,000円

任意保険の賠償額は自賠責基準の2倍、弁護士基準では3倍を超える賠償額です。

しかしこのケースでの通院治療のみの賠償額は、自賠責基準と任意保険基準の差は殆どありません。

後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料は交通事故でのケガの傷害が、症状固定後も残り後遺障害となった場合に賠償を行うものです。

後遺障害には機能障害にあたる上肢下肢の関節障害、神経症状となるむち打ち症など、軽度から重度までの幅広い障害が含まれます。

自賠責基準 任意保険基準 弁護士基準それぞれの賠償額基準

自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準で適用される賠償額は次のようになっています。任意保険の基準は統一された規定がなく、保険会社が独自に算出しているために、おおよその目安となる賠償額です。

等級自賠責基準任意保険基準(推定)弁護士基準
1級1,1001,3002,800
2級9581,1202,400
3級8299502,000
4級7128001,700
5級5997001,440
6級4986001,220
7級4095001,030
8級324400830
9級255300670
10級187200530
11級135150400
12級93100280
13級5760180
14級3240110

(単位:万円)

死亡慰謝料

死亡慰謝料は事故により死亡した場合に、被害者とその遺族に対しても賠償を行うものです。

死亡した人の立場の違いにより賠償額が変わり、その支払われる金額についても、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準が存在し次のようになっています。

被害者本人の立場自賠責基準任意保険基準(推定)弁護士基準
一家の支柱350万円1,500万円〜2,000万円2800万円程度
配偶者・母親350万円1,200万円〜1,500万円2500万円程度
上記以外350万円1,300万円〜1,600万円2000万円〜2500万円程度

*一家の支柱とは世帯の生計が主にその人の収入で維持されている人

任意保険基準と弁護士基準の賠償額には遺族への慰謝料が含まれています。自賠責保険での遺族への慰謝料は次の通りです。

自賠責保険
遺族の慰謝料被害者に被扶養者がいる場合被害者に被扶養者がいない場合
請求権者1人の場合750万550万
請求権者2人の場合850万650万
請求権者3人以上の場合950万750万

死亡慰謝料の請求方法と相続人

事故により死亡した場合は、被害者本人が保険会社に請求を行えないので、相続人がその請求を行うことになります。

相続人は民法の規定により順位が決まっており、第1位は配偶者(妻・夫)と子供、第2位は配偶者・父母、第3位は配偶者・兄弟姉妹となっています。

その他には内縁関係にある子供にも慰謝料の相続が認められます。

また本人が長期に及ぶ意識不明の重体の場合も、相続人が保険会社に代理請求を行えます。

慰謝料の相続配分

 順位配偶者父母兄弟姉妹
11/21/200
22/301/30
33/4001/4

相続人が受け取る死亡慰謝料の試算

相続人が受け取る死亡慰謝料の金額を、生計を支える一家の支柱の父親が死亡したとして試算してみます。

死亡した本人に対する慰謝料が3,000万円、妻に300万円、子供2人に各200万円、父母に各100万円が支払われとします。この場合相続の第1位である妻と子供がいるので、父親の慰謝料は妻と子が全て相続することになります。

よって相続分と遺族への慰謝料から受け取れる金額は、妻1,800万円、子供は1人につき950万円、父母は1人につき100万円になります。

 子供2人父母
遺族への慰謝料300万円200万円1人100万円
父親の慰謝料相続配分1/21/40
父親の慰謝料配分額1,500万円1人750万円0
合計1,800万円1人950万円1人100万円

慰謝料が認められない場合

交通事故で慰謝料が受け取れるのは、自分に100%の過失がない場合です。

自分の過失が100%では、慰謝料を含めその他の損害賠償も受け取ることはできません。

このような場合は自分の任意保険(自動車保険)の人身傷害、搭乗者傷害に加入していると、補償を受けることができます。

また、事故に過失割合が存在する場合は、慰謝料の賠償額はそれに応じ過失相殺され支払われます。

自賠責保険における重大な過失減額とは
自賠責保険では被害者救済を目的としているため、任意保険で行われているような厳格に過失割合を決めて、賠償額を算出する過失相殺で賠償額を算出するのでは無く、幅広い救済が行われるように重過失減額制度により賠償額を算出しています。
自動車保険の基本となる7つの補償
車を運行する場合はもしもの事故に備えて、自賠責保険をカバーする十分な補償を備えた任意保険は必ず準備しておきたい保険です。一般的に任意保険は自動車保険とも呼ばれますが、その補償項目は大別すると7つの項目に分けられます。任意保険の7つの項目の補償内容を確認してみます。
補償の中味が違う人身傷害と搭乗者傷害
人身傷害と搭乗者傷害はともに運転者を含めて、契約車両搭乗中に事故によりケガや死亡した場合に支払われる保険ですが、その補償には違いがあり加入する際には良く理解しておく必要があります。それぞれの項目で支払われる内容は、おおむね次のようになっていますが、保険会社により規定の差があります。
自動車保険は保険会社により、違ったプランが用意され、保険料も同じではありません。 しかし、保険会社を一つ一つを調べるのは大変です。 このような場合は、数社の見積もりを同時にできる一括見積サイトが便利です。 一括見積で保険を比較し、自分に合った自動車保険を見つけましょう。
スポンサーリンク
インズウェブ自動車保険一括見積もり
スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン
保険ナビリンク広告パソコン

フォローする