自動車保険のしくみ一覧

スポンサーリンク
保険ナビレスポンシブル728×90

1日から入れる自動車保険のお得度を比べてみる

任意(自動車)保険は1年間で契約するのが、通常の加入方法ですが、短い期間だけ車を運転するには利用し難い契約です。レンタカーであれば利用料に自動車保険も含まれるので、問題はないのですが、個人で車の貸し借りを行う場合の保険は心配になる部分です。このような時に便利なのが1日だけでも入れる1日自動車保険です。

記事を読む

新車が買える車両新価特約とは

車両新価特約は新車が全損扱いとなった場合や、修理費が新車価格の50%以上となった場合に、新たに購入する車の費用の補償を行うものです。補償される費用は契約していた車の車両価格が適用され、さらに車を登録するための費用、再取得時諸費用保険金が支払われる損保会社もあります。

記事を読む

自動車保険の乗り換えで大事なポイント

自動車保険は複数年での契約も可能ですが、多くの場合は1年で満期を迎え、そのまま現在の保険会社で契約を継続するか、他社の保険に乗り換えるかを決めなければなりません。今の自動車保険をそのまま使う場合は、継続手続きを行うだけですが、他社の自動車保険へ乗り換える場合は、確認しておくべきチェックポイントがあります。

記事を読む

乗ってる車の車両料率クラスで保険料が変わる

自動車保険の保険料は、補償の条件や等級などにより決まりますが、同じ補償と等級でも契約する車両により保険料が変わります。これは各車両ごとの事故発生率リスクの高さが集計がされて、保険料に反映されているためです。そのため事故率の高い車両に乗っていると、保険料が高くなってしまいます。

記事を読む

自動車保険は解約しても中断手続ができる

車の運転をしばらく行わないような場合や、車を売却したまたは廃車にしたなどのときは、自動車保険は中断手続きができます。自動保険を解約してしまうと、割引等級を引き継げませんが、中断手続きを行うと等級はそのままで、保険を維持することができます。新たに車を購入する場合に備えて、保険は中断手続きを利用することが大切です。

記事を読む

ノンフリート等級による自動車保険の割引率

自動車保険ではノンフリート契約とフリート契約が存在します。保険に加入する車両9台以下の契約者はノンフリート契約になり、10台以上の場合はフリート契約が結ばれます。フリート契約はノンフリート契約よりも保険料が割安になり、契約車両を追加しても保険料の割引が、他の車両と変わらないなどのメリットがあります。

記事を読む

自動車保険と自動車共済は何がどう違う

自動車保険と自動車共済は、ともに事故による損害を補償するものですが、この二つの損害補償にはそれぞれの特徴があります。補償の内容自体はどちらも大きな差はないのですが、その目的となる生い立ちや対象とする人、事業監督を行う省庁が違います。自動車保険と自動車共済の違いは次のようになっています。

記事を読む

補償の中味が違う人身傷害と搭乗者傷害

人身傷害と搭乗者傷害はともに運転者を含めて、契約車両搭乗中に事故によりケガや死亡した場合に支払われる保険ですが、その補償には違いがあり加入する際には良く理解しておく必要があります。それぞれの項目で支払われる内容は、おおむね次のようになっていますが、保険会社により規定の差があります。

記事を読む

自動車保険の代理店型と通販型はどう違うのか

自動車保険には代理店を通じて対面で契約を行う「代理店型」と、インターネットや電話を通じて契約を行う通販(ダイレクト)型があります。1986年に日米で保険の自由化が合意され、これにより一律で横並びだった保険料も、保険会社が独自に設定することが可能となり、同じ補償でも違う保険料となる価格競争が始まりました。

記事を読む

損害賠償で使われるライプニッツ係数とは

ライプニッツ係数とは交通事故の障害により生じた将来の賠償額(逸失利益)を、受け取ることによる利益を控除(中間利息控除)するための指数です。交通事故により長期的な賠償が行われる場合は、将来の収入が一括して支払われます。このために現在支払う将来の収入は、現在の価値に置き換えることが必要となります。

記事を読む

スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン
保険ナビリンク広告パソコン