ADR機関一覧

スポンサーリンク
保険ナビレスポンシブル728×90

日弁連交通事故相談センターでの相談方法

公益財団法人日弁連交通事故相談センターは、昭和42年に日本弁護士連合会により設立された歴史のあるADR機関です。交通事故での紛争となる多くを取り扱い、賠償金額、過失割合、示談についてなど、事故直後から弁護士に相談できるのが特徴になっています。相談する費用とその後の示談斡旋、審査に係る費用はいずれも無料です。

記事を読む

交通事故紛争処理センターでの相談方法

交通事故紛争処理センターは、昭和49年に交通事故裁定員会として発足し、平成24年には財団法人から公益財団法人へと移行して、公益性と非営利性の立場を強めています。交通事故問題を取り扱うADRとしての歴史は古く、取り扱う紛争の件数も最大規模で、平成28年度の相談件数は19,980件に上ります。

記事を読む

自動車事故を取り扱う2大ADR機関「紛セと弁セ」

交通事故での紛争を解決する方法として、裁判所の調停と同じように中立の第三者が介入し調整を行う、ADR(裁判外紛争解決)機関があります。ADR機関は民間で運営されており、交通事故の紛争処理では、交通事故紛争処理センターと日弁連交通事故相談センターが、2大ADR機関として広く認知されています。

記事を読む

スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン
保険ナビリンク広告パソコン