スポンサーリンク
保険ナビレスポンシブル728×90

安い自動車保険は本当にダメなのか!

自動車保険は自由化により損保会社が、独自に保険料を設定することが可能となりました。これにり保険料の競争が始まり、他社よりも安い保険料をアピールする損保会社も登場しました。保険料が安くなると車の維持費が減り良いのですが、安い自動車保険を使う場合は、注意しておくこともあるので、理解した上で契約することが必要です。

記事を読む

スズキ「スペーシア」の保険料相場を調べてみる

2代目となったスズキの軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」の、保険料相場を調べてみました。試算を行ったのは通販型5社、代理店型4社、合計9社の損保会社です。保険料は年代別に算出し、おすすめする損保会社も選んでいます。「スペーシア」の補償をおとくにできるのは、どの損保会社でしょうか。

記事を読む

新車が買える車両新価特約とは

車両新価特約は新車が全損扱いとなった場合や、修理費が新車価格の50%以上となった場合に、新たに購入する車の費用の補償を行うものです。補償される費用は契約していた車の車両価格が適用され、さらに車を登録するための費用、再取得時諸費用保険金が支払われる損保会社もあります。

記事を読む

ホンダ「N-BOX」の保険料相場を調べてみる

第二世代に突入し益々好調な売行きを示す、ホンダ「N-BOX」の保険料相場を調べてみました。今回は通販型5社、代理店型4社、合計9社の保険料を年代別に算出し、におすすめする損保会社も選んでみました。広い室内に装備を充実させた「N-BOX」を、おとくに契約できるのはどの損保なのでしょうか。

記事を読む

自動車保険の乗り換えで大事なポイント

自動車保険は複数年での契約も可能ですが、多くの場合は1年で満期を迎え、そのまま現在の保険会社で契約を継続するか、他社の保険に乗り換えるかを決めなければなりません。今の自動車保険をそのまま使う場合は、継続手続きを行うだけですが、他社の自動車保険へ乗り換える場合は、確認しておくべきチェックポイントがあります。

記事を読む

自動車保険の年代別保険料相場を調査

自動車保険は契約する車両や契約者の年齢また、補償内容などさまざまな要因で保険料が変わります。この中でも年齢条件は保険料に影響する割合が高く、同じ補償内容でも大きな差がでます。これは自動車保険が、リスク細分型を採用し保険料を決めているためです。ここでは年代別にれぞれの平均的な保険料の相場を調べてみます。

記事を読む

自動運転中の事故でも保険は使えます

今後実用化される完全自動運転へ向けて、損保会社と政府の対応が進んでいます。損保会社では自動運転中の事故に対して約款を整備し、賠償対象とすることで、被害者救済が早急に行われるようにしています。また、政府も自動運転中の事故に対して、自賠責保険が適用されることを発表し、事故の責任は所有者にあるとしています。

記事を読む

人身傷害保険は使い方で補償額が変わる

人身傷害は交通事故でケガを負った場合や死亡した場合に、補償が受けられる保険です。補償されるのは、契約した車両に乗車中が基本となりますが、他の車に搭乗中や歩行中、自転車に乗車中など、補償の範囲を広くし契約することもできます。このように補償が手厚い人身傷害保険ですが、使い方により補償額が変わる場合があります。

記事を読む

自動車保険の一括請求手続きとは

自動車事故での賠償は自賠責保険と自動車(任意)保険により行われます。補償は始めに自賠責保険が使われ、それでも不足する場合は自動車保険が補う仕組みです。この2つの保険は一括請求手続きを行うと、まとめて保険金を受取ることができますが、注意しおくべきこともあります。手続きは内容を良く理解し利用することが必要です。

記事を読む

2017年度で一番盗難された車が発表されました

日本損害保険協会が2017年度の、盗難された車のランキング上位を公表しました。2017年度の盗難車両台数は減少しましたが、1台あたりの被害金額が上昇しており、これまでより高い金額の車両が盗難対象とされています。また、この統計では車両盗難が遭った場所や、盗難車が多い都道府県別も合わせて公表されています。

記事を読む

スポンサーリンク
保険ナビリンク広告パソコン
保険ナビリンク広告パソコン